「うちは、土地が狭いのよ〜」
  新幹線はうるさいし〜人はたくさん通るし〜
  空気は汚れてるし〜
  そこで、南側を塞いで北側を開放した、
  逆転プラン!
  南側に水廻りや納戸を配置し、音の干渉
  スペースを設け、音や通る人の視線も
  シャットアウト。
  外壁やサッシも一工夫しました。    

     
リビング

吹 抜

外 壁


  温かい本物の杉の床。
  障子は視線のカットと光を柔らかく
  する効果があります。
  吹き抜けでより広く、
  開放感あふれるリビングになりました。


  真壁のリビングに大きな吹き抜け。   
  これが、このお宅のポイントです。
  


  これは、「燃えない木」
  順防火地域でも、木の風合いを
  楽しめます。