吹抜けで、日当たりも風通しも
  広がり感も確保!
  エアコン要らずの涼しさです
  太陽と風、自然の恩恵をたっぷり受ける
  ほっこりの日本の家です。
  
  お茶の間・ダイニングには大きな窓を
  設け、両方から縁側に出る事ができます
  家に帰りお茶の間でホッとするひととき
  が大事な時間になりそうですね。
  

     
縁側

お茶の間

吹抜〜子供部屋


  濡れ縁が外とのつながりを生み
  開放感と和の趣きを出しています

  道路側のウッドフェンスで視界は
  遮りつつも、風は室内に送り込んで
  くれます。
  
  
  


  家族の団欒の場 「お茶の間」
  お茶の間=リビング 
   
  くつろぎの場であるお茶の間は
  畳を敷き 座の空間に。
  隣りのダイニングは吹抜になって
  いるので、お茶の間にいても
  2F子供部屋の声がきこえます

 


  2Fは大壁勾配天井の杉板貼り! 

  吹抜けを挟んで、2部屋に仕切れる
  子供部屋!オープンだから風も
  抜けて、とっても気持ちい空間