新築するなら自然素材の注文住宅「雨楽な家」のダイアリビング
ダイアのブログ
 
お問い合せ・資料請求
ダイアの家づくり
 
 

素 材

 
 

  素材の中でも仕上材を選ぶ理由は、いろいろあります。
  傷がつかない、汚れにくい、破れにくい、メンテナンスしなくていいもの・・・・・・
  今はいろいろなものがあります、色が褪せづらく、雨が降ると勝手にきれいになる外壁、
  汚れにくいビニールクロス、ワックス不要でいつまでも新品の輝きを保つフローリング・・・などなど
  今のメーカーさんの技術は目を見張るものがあります。
  住まう方も、便利になって手間いらずで、快適な生活を実現できます。

 
  快適でしょうか?
 
  とくに小さいお子さんのいらっしゃるお宅、
  自然素材、無垢の床だとすぐ傷がつく、障子は破かれる、いつも手入れをしないとならない、
  それってあたりまえのことですよね。

  あたりまえって、大事なことですよね。
  さまざまな質感が身近にあるあたりまえ、感性や思いやりや愛着や豊かな生活体験を育てる
  ことで、社会に対する責任感のある人間に育つのではないでしょうか 材を選ぶって、深いですよ!
 
 
   車椅子を使いたいとか、事務所にしたい、床暖房をしたい
   というご要望には、床材は新建材のフローリングをお勧めしますが、
   無垢の床、特にムク板の床の肌ざわりや香りにはさまざまなメリットが
   あります。ムク板は冬でも温かい足ざわり、夏はさらっとした足ざわり。
   素足でハイハイしたり、走り回ったりすると、皮膚感覚や感性が高まります。
   確かにキズは付きやすいです、特に温かい足ざわりの板(桐や杉)は柔ら
   かい特性をもちます。でも、生きています水を垂らせばある程度戻ります。
   物を大切にする心も育ちます。
   無垢の床は価格が高い。
   そんなことはありません、新建材のフローングと同程度のものもあります、
   節ありです、デザインにもなります、ご相談ください。

   とにかく、気持ちが良い、そんな自然な素材をお勧めします。
   一度、ダイアリビングの見学会で体感してみてください。
 
  杉
  ヒノキ
  パイン
  カリン
 
  日本固有の木。
  古くから身近な素材とし
  て愛用されてます。
  巨木では60mの高さにな
  ります。
  天然は秋田・屋久島造林
  は天竜・木頭が有名。
  やわらかく温かくわりと
  リーズナブルな素材です

  耐久性に富み、特有の
  香りを放ちます。
  古くから建築に用いられ
  虫が付きにくい成分
  (ヒノキチオール)も含みます。
  40mくらいの高さになり
  ます。
  天然は木曾・吉野造林
  は天竜・東濃が有名。
  写真は、地元の富士
  ひのき柱材としては
  強度が高く、標準採用
  をしています。

  写真は欧州赤松。
  パイン材はヨーロッパ・
  アメリカ、カナダ・
  オーストラリアとありま
  すが、一般的には北欧
  産の松をいいます。
  節が多く、時間がたつ
  ときれいなアメ色にな
  ります。
  肌ざわりの割りにリー
  ズナブルな素材です。

  硬くて緻密で、粘り強い。
  水にも強い。
  そして、重い材料です。
  くるいが少なく、昔から
  家具や楽器(バイオリン)
  などに使われています。
  鮮やかな赤色が個性
  をひきたてます。
 
  他にも、すごく温かい桐の床や、さわらなど個性豊かな床材がたくさんあります。
  お気軽にご相談ください。
 


  日本古来の畳、じつはすごく優れものです。
  断熱性・防音性は抜群、そしてその香りに癒されます。
  「畳と○○は新しいほうがいい」と誰かが言っていましたが、
  古くなった畳は、それでまた味があります。
  畳ってecoで環境にもいいんですよ。
  表替えで、面裏もつかえます。
  最近は、縁無しの琉球畳や化学床のダニのわかない畳や
  置き畳や色の変わらないポリプロピレンの畳もあります。
  すべてecoです。

 
 

  天井にも木を貼ると気持ち良いですよ、
  ただ、あらわし天井の場合、2階の音や電気の配線
  の問題など気になるところもありますので、
  お気軽にご相談ください。

   「雨楽な家」はあらわし天井です。
杉のあらわし天井
  桧のあらわし天井
 
    構造用合板のあらわし天井
和紙クロスの梁天井
パインあらわし天井
 
 
 
  お部屋の壁
  部屋の壁って外壁面積の倍くらいあるんです。その壁が全部一斉に呼吸し
  たらどうですか?
  すごく気持ちの良い部屋になりますよ。
  ビニールクロスは悪いわけではないです、リーズナブルでいろんなデザイン
  があります。
  最近は光触媒加工やecoクロスなどもあります。
  でも自然の素材の持つ、調湿機能や質感があらわす風合いにはかないません。
  みんなが集まるLDKだけでも良いんじゃないでしょうか。

  塗り壁や木、石や和紙を貼って気持ちの良い空間を造りましょう。
 
  最近、珪藻土や漆喰、ルナファーザーやカルシウムペイントなどさまざまなご要望をいただきます。
  そこで、今ダイアリビングで一番おすすめしているのは、アロエの化石を含む天然ミネラルからできている

  すごい塗り壁 「ダイアトーマス」 です。

  天然ミネラルでできているので、舐めても食べても大丈夫(おいしくないですけど)、
  そして、調湿機能はもちろんですが、
  驚きの消臭機能を持っています、匂いの成分を吸着、ここまではあたりまえ、さらに分解してしまうのです。
  さらに、珪藻土に比べてコストもリーズナブル、クロスの上からでも濡れますので、リフォームでも大丈夫。
  文字通り、すごい塗り壁なんです

  そのすごさは、見学会にて体験していただけます。
  毎回、するめやハーブ、にんにくなどのにおいを、ご来場の方々には嗅いで頂いております。
  次回是非、すごさを感じにご来場ください。
 
 
いろいろなパターンが楽しい塗り壁
 
     
 
ご家族で塗ってみませんか 楽しいですよ!
 
 
 
   
  元来、静岡県伊豆地方には多くの石材が産出されてきました。
  中でも伊豆の温泉によく使われていた石は、
  伊豆本青石・河津石そして伊豆若草石でした。

  伊豆本青石は伊豆長岡町で産出した石で、
   地元では戸沢石(とさいし)という名前でした。灰色がかった淡い青色の
   ほぼ無地で、高価な石でした。
  河津石は伊豆半島南部の河津町で産出した石で
   伊豆本青石よりは、やや灰色に近くやはり無地の石でした。伊豆本青石
   よりは安価でした。
  伊豆若草石は伊豆長岡町と隣接する韮山町で産出し、
   青い鮮やかな模様が特徴で、価格的にも伊豆本青石ほど高価ではあり
   ませんでした。
   
  長い間、伊豆石といえば伊豆本青石か伊豆若草石
  (河津石も伊豆石と呼ばれることもありましたが、青石とはあまり呼ばれません
  でした。)でしたが、10数年前に伊豆本青石と河津石の採石場は、相次いで、
  資源の枯渇により閉山しました。
  それ以後現在に至るまで、
  伊豆石、青石といえば、一般的に伊豆若草石を指す名称でした。

  伊豆石については、6世紀の静岡市葵区宮ヶ崎の賤機山(しずはたやま)古墳
  の石棺が、最も古い使用例としてあり、他に 伊豆の国市の韮山反射炉や
  旧天城トンネルのアーチや側壁や江戸上の修築にも使用されています。
 
   
  伊豆若草石は、伊豆の国市(韮山)で産出される、
  青い鮮やかな模様が特徴的な軟石です。
   脱臭・調湿効果が、各検査機関により立証されました。

  伊豆若草石は、おおまかな分類では「軟石」の部類に入ります。
  濡れると伊豆若草石独特の鮮やかな深い青色に変わる、といった長所に
  なります。

  本磨きをしても、御影石、大理石のように鏡のような光沢が出る石では
  ありませんが、伊豆若草石独特の温かみがあります。
  石でも、木でも、自然のものには、スペックを超えた魅力があります。
 
 
 
   
     
  障子も日本固有の文化であり、非常に優れた素材です。
  日のひかりを拡散し、やわらかく全体を明るくします。
  夜は照明の明かりを反射し、とてもよい雰囲気を演出します。
  断熱効果や目隠しの効果もあり、
  最近は、寝室やリビングに障子を入れるお宅も増えてきています。
  障子は和紙ですが、最近は薄いプラスチックなようなもので
  破れない、張替えもいらないという物もあります。
  壁に和紙クロスを張るのもいいですよ。
   
     
 
 
HOMEダイアのお知らせ施工事例見学会ダイアの家づくり雨楽な家会社情報資料請求ダイアのブログプライバシーポリシー
有限会社ダイアリビング 〒411-0944 駿東郡長泉町竹原393-11
TEL:055-981-0251 FAX:055-981-0283
 
 

All Rights Reserved,Copyright (c) DAIALIVING 2007